研究施設・設備機器の専門エンジニアリング企業の
技術力とノウハウで、最適な感染症対策を実現します

 

BSL(P2~P3)実験室の設計・施工から、検体分析時の作業者保護設備・隔離対策まで、
アプリケーションや設置環境に応じて最適なシステムをご提案します

感染症対策設備機器

Infectious Control Equipment

検体分析時の作業者保護設備から、感染者隔離対策まで、
お客様のアプリケーションや設置環境に最適な感染症対策システムをご提案します

安全キャビネット

米国NSF規格および国内法規に準拠した性能で、検体分析時に作業者と試料を保護します 
 
 

クリーンパーテーション

診察室や待合室などで拡散防止対策に最適な、デザイン性にも優れた空気清浄機能付きパーテーションです
 
 

バイオクリーンベンチ

無菌操作に適した高い清浄度を実現しながらも、独自の気流制御機構で作業者の安全を確保します
 
 

UV殺菌ロッカー

紫外線照射でロッカー内の白衣や器具を殺菌することで、衛生管理に貢献します
 
 

陰圧ブース

組み立て式のブースで封じ込めのための陰圧空間を局所的に構築することが可能です
 
 

採痰ブース

ブース内をクリーンかつ陰圧状態に保ち、感染症診断の採痰時に飛散する飛沫を拡散防止します
 
 

特集記事

hepa-100.jpg新型コロナウイルスとHEPAフィルターのはなし当社の感染症対策設備機器に搭載されたHEPAフィルターが新型コロナウイルスを捕集するメカニズムを説明。 49628225761_e57ed93439_o.jpg新型コロナウイルスの取扱い時における安全対策新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を取り扱う際に考慮すべき事項を、米国疾病予防管理センター(CDC)および世界保健機関(WHO)による暫定ガイドラインから紹介。 ppe.pngBSLに応じた個人用保護具(PPE)についてバイオセーフティーレベル(BSL)に応じて必要になる個人用保護具(PPE)について、米国疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインを紹介。 type.jpg安全キャビネット 選定ガイド米国NSF規格と日本のJIS規格に基づいた、安全キャビネット(バイオハザード対策用キャビネット)の分類・要件を紹介。 difference.jpg安全キャビネットとヒュームフードの違い外見は似ているものの機能が異なる、安全キャビネット(バイオハザード対策用キャビネット)とヒュームフード(ドラフトチャンバー)の違いを説明。 logic_and_axiom_rgb_april_2019.jpg柔軟性に優れたバイオハザード施設の構築米国NSF規格で新たに規格化された、室内循環排気と屋外排気を切り替え可能な「クラスIIタイプC1」安全キャビネットのメリットを紹介。 bsc-placing.jpg安全キャビネットを設置する際に留意すべき事項安全キャビネットを実験室のどこに設置すべきかを決める際に「やるべきこと」と「やってはいけないこと」を紹介。 fire-damage.jpg安全キャビネットで安全に火を用いるには安全キャビネットで直火を使用することが推奨されない理由、そして安全に火を用いるための手法について説明。 logic_bsc_woman_working_rgb.jpg安全キャビネットのヒューマンファクター設計当社の安全キャビネット"Logic+"シリーズがどのような設計思想で研究時のリスクを低減する設計を取り入れたか説明。 ec-motor.jpgECモーターによる安全キャビネットの制御とその利点当社の安全キャビネット"Logic+"シリーズに搭載された「ECモーター」がどのように一定風量を送風するのか、そのメカニズムとメリットを説明。 airflow.jpgクラスII安全キャビネットのエアーフローコントロール安全キャビネットのエアーフロー制御に採用された「CAPテクノロジー」。そのメリットを、過去の制御方式と比較することで紹介します。

PCR検査室/BSL実験室の設計・施工

PCR Testing & BSL Facility - Design & Construction Service

豊富な実績を持つPCR検査室/BSL実験室構築のプロフェッショナルが
お客様の負担を軽減し、プロジェクトをワンストップで効率よく推進します

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査法として普及の進むRT-PCR法によるPCR検査。検体の取り扱いには「バイオセーフティーレベル(BSL)2+」という高度な封じ込めや制御が必要です。
このような封じ込めや制御が必要とされるバイオセーフティー実験室の構築には、空調・排気設備などの特殊な工事が欠かせません。ラボ建築に精通するオリエンタル技研工業には、建築はもちろん作業環境測定士や衛生管理者など、BSL実験室構築を包括的にサポートするさまざまなプロフェッショナルたちが在籍。専門のスタッフがプロジェクトマネージャーとして各工程の専門家たちを管理することで、お客様の負担を軽減し、プロジェクトをワンストップで効率よく推進します。

特集記事

hepa-100.jpg新型コロナウイルスとHEPAフィルターのはなし当社の感染症対策設備機器に搭載されたHEPAフィルターが新型コロナウイルスを捕集するメカニズムを説明。 49628225761_e57ed93439_o.jpg新型コロナウイルスの取扱い時における安全対策新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を取り扱う際に考慮すべき事項を、米国疾病予防管理センター(CDC)および世界保健機関(WHO)による暫定ガイドラインから紹介。 ppe.pngBSLに応じた個人用保護具(PPE)についてバイオセーフティーレベル(BSL)に応じて必要になる個人用保護具(PPE)について、米国疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインを紹介。 logic_and_axiom_rgb_april_2019.jpg柔軟性に優れたバイオハザード施設の構築米国NSF規格で新たに規格化された、室内循環排気と屋外排気を切り替え可能な「クラスIIタイプC1」安全キャビネットのメリットを紹介。 bsc-placing.jpg安全キャビネットを設置する際に留意すべき事項安全キャビネットを実験室のどこに設置すべきかを決める際に「やるべきこと」と「やってはいけないこと」を紹介。