“第66回 日本実験動物学会総会”出展のお知らせ

日本実験動物学会総会出展イメージ

第66回 日本実験動物学会総会 5月15日〜17日 福岡国際会議場

当社技術研究所が取り組み続けている「動物実験ラボのスマート化」を実演

オリエンタル技研工業の技術研究所では、IoTを活用して実験動物施設や設備機器の状態確認・操作を行うシステムの開発・提案を行っています。
飼育施設の稼働状況や装置の運転状態などを”いつでも””どこからでも”管理することのできる「ラボマネジメントシステム」を実演します。

動物実験ラボのスマート化イメージ

実験動物の飼育からラボの労働安全対策まで、多様な研究をサポートする各種製品を実機展示

個別換気実験動物飼育システム

個別換気実験動物飼育システム

高い視認性と操作性を実現した個別換気ケージング(IVC)システム。
省エネや省スペース化にも寄与する、実験動物飼育の新たなスタンダード装置です。

イノバイブケージングシステム

イノバイブケージングシステム

ディスポーザブルケージ方式によりケージの洗浄・滅菌に要する設備や工程を大幅に削減。
実験動物の飼育・管理工程の無駄を排除し、実験動物飼育環境に革新をもたらすIVCシステムです。

実験動物用ステーション

実験動物用ステーション

ケージ交換や実験動物の移し替えに適したコンパクトな実験動物用ステーション。
作業者をアレルゲンから保護し、クリーン環境下での実験動物の取り扱いが可能です。

安全キャビネット

安全キャビネット

米国規格「NSF/ANSI 49」認証済みのクラスⅡ安全キャビネット。バイオハザード対策に不可欠な高水準の安全性はもちろん、省エネ運転プログラムや、作業性の向上につながるエルゴノミクスデザインを取り入れています。

バイオクリーンベンチ

バイオクリーンベンチ

ISOクラス5の清浄度を保証する高い安全性。さらにエルゴノミクスデザインを追求した設計が開放的なワークエリアをつくりだし、高い集中力が求められるバイオ研究をサポートします。

ラボファニチャー(実験台)

ラボファニチャー(実験台)

デザインと機能美が評価され、グッドデザイン賞を受賞した「RACINEシリーズ実験台」。
研究者の知力と創造力を最大限に引き出す、ユーザビリティに優れたラボファニチャーをご提案します。

ヒュームフード(ドラフトチャンバー)

ヒュームフード(ドラフトチャンバー)

国内のみならず欧米の規格・基準に基づき開発されたヒュームフード。高い安全性だけではなく、優れた操作性とデザインで、研究者のストレスを解放します。

ダクトレスヒュームフード

ダクトレスヒュームフード

高性能フィルターで有害物質を吸着し、クリーンエアーを循環排気。有機溶剤中毒予防規則等の改正により活用範囲がますます広がった、フレキシビリティと経済性に優れた有害物質の暴露対策ソリューションをご提案します。

薬品管理システム「STORAGE 5」

薬品管理システム「STORAGE 5」

安全・正確・迅速・便利。各研究室における薬品の使用量・在庫量をバーコードで明確にして一元管理。各種法規にも対応した、薬品の効率運用とコンプライアンスに力を発揮する薬品管理システムです。

詳細をご希望の方は、下記宛先までお問い合わせください

info@orientalgiken.co.jp