STORAGE CS

化学薬品の
使用・在庫・保管場所等を一元管理
クラウド型薬品管理システム
STORAGE CS
DXっていうけれど、
薬品管理も
どうにかならないもんかね。

様々な法規やガイドラインに基づいた運用が求められる化学薬品の管理。
皆さん、どうされていますか?
薬品の持ち出しのたびにノートに手書き、表計算ソフトで管理、オンプレミス型システムなど、皆さま悩み・工夫されているかと思います。
クラウド型の薬品管理システム"STORAGE CS"なら、
いつでも・どこからでも、正確・迅速に化学薬品の管理が可能に。
煩雑な薬品管理業務を効率化し、本来の研究に没頭していただくこと。
これが私たちがSTORAGE CSに込めた想いです。

Easy to operate

バーコードで簡単管理

STORAGE CS では登録した薬品1本1本にバーコードを貼り付けて管理情報を記録。取出・返却時にはリーダーでバーコードを読み取り、簡単な操作を行うだけ。
シンプルな操作のため、誰が行っても均質な薬品管理を実現します。

主な機能

基本操作
  • 薬品の登録
  • 個別バーコードの発行
  • 薬品の取り出し・返却
  • 保管場所の移動
  • 薬品の合成・混合
  • 薬品の分注
  • 薬品の廃棄
  • 登録薬品検索
書類作成サポート
  • 在庫管理
  • 使用量集計
  • 簡易発注出力
  • 法規関連レポート
安全対策
  • 警報表示設定
  • 使用制限の設定
  • リスクアセスメントサポート
セキュリティ
  • 個別証明書発行
  • 鍵管理機能
  • 権限設定
  • グループ設定
コミュニケーション
  • 掲示板
  • サポートデスク
  • 薬品ごとの共有備考欄

Laws & Regulations

各種関係法規の順守
必要帳票の作成を強力サポート

労働安全衛生や環境配慮などの観点から、化学物質の取り扱いについては様々な法規・ガイドラインで適切な管理・運用が求められています。その内容は多岐にわたり、届け出に必要な帳票の作成などは非常に煩雑で骨の折れる作業です。
STORAGE CSはそんな煩雑な作業を強力サポート。
複雑な薬品管理業務の効率化をお約束します。

法規対応機能例

毒物及び劇物取締法(毒劇法)

鍵のかかった保管庫での保管、管理簿の作成と記録の保存(5年間)、譲渡時の身分確認などが義務付けられています。

\ STORAGE CSなら /

適切な登録と運用で管理簿の作成サポート(受入れ量、使用量、在庫量)が可能です。

消防法

消防法上で定められた物質は、指定数量によって、政令で定める技術上の基準に従って管理を行うことが義務付けられています。保有量のスムーズな管理と把握が求められます。

\ STORAGE CSなら /

エリアを作成し、倍数値に基づいた指定数量を計算。薬品登録時に指定数量オーバーの警告を出すことも可能です。

労働安全衛生法(安衛法)

指定された薬品に必要な設備や環境等が定められており、H28年の改正で指定薬品のリスクアセスメントの義務化も盛り込まれています。

\ STORAGE CSなら /

コントロールバンディング法を用いたリスクアセスメントサポート機能により、管理薬品のリスクアセスメントの実施が可能です。

化学物質の審査及び製造等の
規制に関する法律(化審法)

新規化学物質や評価の確定していない物質のリスク評価を事前審査し、その性状等に応じた製造、使用等について規制を行っています。

\ STORAGE CSなら /

分類による管理、確認、集計が可能です。

特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に
関する法律(化管法)

一定量以上の取り扱いがある場合に報告が義務付けられるPRTR制度と、SDSの発行を義務付けるSDS制度の2つの制度から構成されています。

\ STORAGE CSなら /

PRTR制度指定書式の帳票作成が可能です。

各法規共通対応機能

・分類の登録による当該法規対象物質の管理、確認、集計が可能です。

・標準搭載薬品メーカーのSDS閲覧による薬品の分類や性状、適切な取り扱い方法の確認が可能です。お客様によるSDSの登録も可能です。

Keep Updated

最新のシステムを
いつでも・どこからでも

クラウド型のため、常に最新バージョンでご使用頂けます。また、使用するOSに依存せず*、ブラウザでの操作が可能なため、インターネットに接続されていれば、パソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンなどの携帯端末から、「いつでも」・「どこからでも」操作が可能です。
*周辺機器はInternet Explorerにのみ対応しています。

Simpler to start & expand

必要な時に、
必要な規模で使用開始

STORAGE CS の料金体系はいたってシンプル。
ご使用されるユーザー数に応じた契約料金で、最適な規模で使用を開始していただけます。
契約後のユーザー数の追加も可能で、フレキシブルで無駄のない運用が可能です。

Clients

導入実績

業種・業態問わず、中小企業から数万人規模の大手企業まで
幅広いクライアント様にご利用いただいております。

官公庁、独立行政法人、国立大学法人

  • ・(独)国民生活センター
  • ・(独)造幣局
  • ・(独)製品評価技術基盤機構(NITE)
  • ・(独)港湾空港技術研究所
  • ・(独)滋賀県琵琶湖環境科学研究センター
  • ・(独)農業技術研究機構 中央農業総合研究センター
  • ・(独)農業技術研究機構 近畿中国四国農業研究センタ―
  • ・(独)農業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター
  • ・(独)理化学研究所
  • ・(独)宇宙航空研究開発機構
  • ・(独)産業技術総合研究所
  • ・(独)高エネルギー加速器研究機構
  • ・横須賀市上下水道局
  • ・埼玉県警察本部化学捜査研究所
  • ・石川県保健環境センター
  • ・広島県立総合技術研究所
  • ・国立大学法人 東京大学
  • ・国立大学法人 京都大学
  • ・国立大学法人 神戸大学

民間企業

  • ・新薬メーカー
  • ・ジェネリック医薬品メーカー
  • ・バイオ・再生医療関連メーカー
  • ・医療機器メーカー
  • ・理化学機器メーカー
  • ・光学機器製造メーカー
  • ・食品メーカー
  • ・香料メーカー
  • ・エラストマー・合成樹脂メーカー
  • ・半導体材料メーカー
  • ・石油・石炭メーカー
  • ・タイヤ、化工品メーカー
  • ・輸送機器製造メーカー
  • ・自動車メーカー
  • ・設備工事事業会社
  • ・広島県立総合技術研究所
  • ・医科系大学
  • ・工業系大学

その他クライアント多数
※当社がこれまで販売した「STORAGEシリーズ」全体の納入実績となります。

System Comparison

他社製品との機能比較
オリエンタル技研 A社 B社 C社 D社
システム方式 クラウド オンプレミス オンプレミス
クラウド
クラウド クラウド
契約/ライセンス形態 ○サブスクリプション △買い切り型 ○買い切り型
サブスクリプション
×買い切り型
(+月額使用料)
△買い切り型
バージョン管理 ○常に最新 ×アップデート必要 △最新 ×アップデート必要 ×アップデート必要
保守費用 ○不要 ×必要 ×必要 ×必要 ×必要
バーコード ○バーコード ○バーコード ○バーコード・RFID ○バーコード ○バーコード
法規対応機能 ○標準搭載 ? ? ? △オプション

*当社独自調査調査に基づき作成。WEBサイトなどでの公表情報をベースとしています。

Contact

お問合せ

薬品管理でのお困りごと、STORAGEに関すること、
お気軽にお問合せください。

専用フォームまたはお電話でご連絡ください。(電話受付/平日 9:00~17:30)

お電話でのお問合せ
03-3233-0821(平日 9:00~17:30)
STORAGEをご使用中の
お客様はこちら
03-3233-0821(平日 9:00~17:30)
  • ・無料デモンストレーションのご依頼
  • ・お見積り依頼
  • ・サービスに関するお問合せ
  • ・その他のお問合せ

下記のフォームへ必要事項をご記入の上、送信をお願いいたします。

個人情報のお取り扱い方針についてはこちらを御覧ください。