オリエンタル技研工業株式会社

Mail

Plan your Sciencing Style

理想のサイエンシング・スタイルをカタチに

理想のサイエンシング・スタイルをカタチに
"Sciencing Style PLANNER"

簡単な操作で研究室を作成し、研究設備を自由にレイアウト。
完成イメージを3Dでビジュアル化し、様々な視点から検証することが可能です。
作成したプランのブラッシュアップは当社の専門スタッフが最大限にサポート。
ぜひ、理想のラボがどのようにカタチになるかを体感ください。

Sciencing Style PLANNERで
できること

ラボのあらゆる計画に

施設の計画

施設の計画

直感的な操作で部屋の配置が可能で、CADのような専門知識がなくても簡単に施設を計画できます。

設備機器の配置と検討

設備機器の配置と検討

作成した部屋に、様々な設備を配置できます。サイズや色の変更も可能で、既存の部屋で設備を更新する際等にもご利用いただけます。

3Dモデルで計画の調整

3Dモデルで計画の調整

平面図では検討が難しかった立体的な見た目も、簡単に確認できます。
機器間のスペースや天井との干渉、壁や床との色味バランスの確認など、細やかな調整が可能です。

作成したプランをさらに便利に

プランの共有

プランの共有

作成したプランのURLを発行可能。
特別なソフトなどがなくてもブラウザ上でプランを確認できるため、チームで直感的かつ、具体的にアイデアを共有できます。

見積もりの発行

見積もりの発行

作成したプランに設置された機器の見積もりをワンクリックで発行できます。

プランの相談

プランの相談

作成したプランで当社スタッフに相談ができます。機器の相談からプランのブラッシュアップまで、お気軽にご相談ください。

豊富なサンプルプランをご用意

様々な用途に対応したサンプルプランをラインナップ。
以下からプランを選択し、自由な角度からご覧ください。

汎用大型ラボ

汎用大型ラボ

床面積:133㎡
代表設備:実験台、ヒュームフード、ダクトレスヒュームフード、緊急シャワー

様々な研究ニーズに対応した汎用型の大型ラボ。大人数での使用を想定したラボであり、機能別に設備を集約することで作業の効率化を図っています。部屋全体を俯瞰し、危険な作業を行う誰もが・どこにいてもアクセスしやすいように緊急シャワーを設置しています。

サンプルプランを見る

PCR検査室

PCR検査室

床面積:43㎡
代表設備:安全キャビネット、クリーンベンチ、パスボックス

PCR検査を実施する施設。検体の前処理室・PCR検査室・前室を分けることで動線を明確化し、クロスコンタミネーションのリスクや、検体への曝露リスクの低減を図っています。「Walk View」モードを使用して使用者の目線で作業性を確認し、各部屋の大きさのバランスを調整しています。

サンプルプランを見る

培養室

培養室

床面積:48㎡
代表設備:卓上安全キャビネット、バイオクリーンベンチ、ステンレス作業台

細胞培養を行うラボ。細長い部屋の両側に安全キャビネット、クリーンベンチ等の大型設備を配置しても作業スペースが十分に確保できることを確認しています。また、作業台や戸棚を配置することで、ラボ内に収納できる物量をイメージできるようにしています。

サンプルプランを見る

生物系実験室

生物系汎用実験室

床面積:108㎡
代表設備:実験台、流し台、クリーンベンチ、ヒュームフード

検体標本の作製等を行うラボ。染色操作等で有機溶剤や特定化学物質を使用するため、排気設備や薬品の保管設備が必要となる場合があります。バイオ系ラボでよく使用されるクリーンベンチに加え、ヒュームフード、薬品保管庫等を配置し、様々な作業に対応できるようにレイアウトを検討しました。

サンプルプランを見る

化学実験室

化学実験室

床面積:154㎡
代表設備:卓上フード、実験台、吊戸棚

一般的な化学系実験を行うラボ。有害ガスを発生する大型機器を格納するために、作業エリアが大きい卓上型ヒュームフードを配置しています。部屋の天井高、床壁の色との兼ね合いを確認しながら、研究者に圧迫感を感じさせない部屋を実現しています。

サンプルプランを見る

ドラフトルーム

ドラフトルーム

床面積:85㎡
代表設備:ヒュームフード、ダクトレスヒュームフード、卓上フード、実験台

有機溶剤、特定化学物質等の有害ガスを用いるラボ。法令で定められる有害ガスについてはヒュームフード等を用いて屋外に排気しなければなりませんが、屋外への排気には莫大な空調負荷とコストがかかります。省エネ性能の高いVAV(排気量可変)ヒュームフード、空調負荷ゼロのダクトレスヒュームフード、大型機器を封じ込める卓上型ヒュームフードなど、用途や薬品の使用量に応じた様々な排気設備を配置することで、研究者の安全を確保しながら、CO2排出量の大幅な削減を実現しています。

サンプルプランを見る

プランを依頼する

専門スタッフがお客様のご要望をヒアリングし、ご提案させていただきます。

ショールーム(X/S、Sciencing Style OSAKA)にお越しいただき、
実際の製品をご覧いただきながらプランをご相談いただくことも可能です。

依頼する

研究施設・機器に関するお悩み、ワンストップで対応いたします。
お気軽にお問い合わせください。