オリエンタル技研 総合カタログ CO39
651/700

649■ 大気汚染防止法■ 条例による有害物質の排出基準指定有害物質の排出基準有害物質名施設名基準値(mg/Nm3)カドミウム銅、鉛、亜鉛の精錬用の焙焼炉、転炉、焼結炉、溶解炉、溶鉱炉、乾燥炉およびカドミウム顔料、炭酸カドミウム製造用の乾燥施設1.0その化合物ガラス製造用の焼成炉、溶融炉塩素塩化エチレン製造用の塩素急速冷却施設30塩化第2鉄製造用の溶解槽活性炭製造業の反応炉化学製品製造用の反応施設、吸収施設塩化水素同上80アルミニウム精錬用電解炉(排出口から出るもの)3.0アルミニウム精錬用電解炉(天井から出るもの)1.0フッ素、ガラス製造用の焼成炉、溶融炉10フッ化水素燐酸製造用の反応施設、濃縮施設、溶解炉およびフッ酸製造用の凝縮施設、吸収施設、蒸留施設フッ化硅素トリポリ燐酸ナトリウム製造用の反応施設、乾燥施設、焼成炉(重)過燐酸石灰製造用の反応施設15燐酸肥料製造用の焼成炉、平炉20銅、鉛、亜鉛の精錬の焙焼炉、転炉、溶解炉、乾燥炉10鉛および銅、鉛、亜鉛の焼結炉、溶鉱炉30その化合物鉛の第2次精錬、鉛の管、板、線、鉛蓄電池、鉛顔料の製造用の溶解炉等10ガラス製造用の焼成炉、溶融炉20■ 労働安全衛生法対象物質と規制値対象物質規制値1. アルキル水銀化合物0.01mg/m3  (アルキル基が、メチル基またはエチル基に限る)2. 石綿0.15bers/cm33. 塩素0.5ppm4. アクリロニトリル2ppm5. オルトーフタロジニトリル0.01mg/m36. カドミウム及びその他の化合物0.05mg/m37. クロム酸及びその塩0.05mg/m38. コールタール0.2mg/m39. ヒ素及びその化合物0.003mg/m310. シアン化カリウム3mg/m311. シアン化水素3ppm12. シアン化ナトリウム3mg/m313. 重クロム酸及びその塩0.05mg/m314. 水銀及びその無機化合物0.025mg/m3 (硫化水銀を除く)対象物質と規制値対象物質規制値15. ニッケルカルボニル0.001ppm16. フッ化水素0.5ppm17. ベリリウムおよびその化合物0.001mg/m318. ベンゼン1ppm19. マンガンおよびその化合物0.2mg/m3  (塩基性酸化マンガンを除く)20. 硫化水素1ppm特定化学物質障害予防規則(排ガス処理)第3章第10条物質処理方法アクロレイン吸収方式・直接燃焼方式フッ化水素吸収方式・吸着方式硫化水素吸収方式・酸化還元方式硫酸ジメチル吸収方式・直接燃焼方式対象物質東京都条例神奈川県条例カドミウムおよびその化合物 1mg/Nm30.5mg/Nm3塩素9.5ppm1ppm塩化水素25ppm廃棄物焼却炉700mg/Nm35ppmフッ素、フッ化水素およびフッ化硅素 10ppmフッ素として2.5mg/Nm3鉛およびその化合物10mg/Nm3鉛として10mg/Nm3窒素酸化物97ppm二酸化窒素100ppm全窒素酸化物200ppmアンモニア50ppm50ppmシアン化水素5ppm10ppm一酸化炭素100ppmホルムアルデヒド52ppm5ppm硫化水素10ppm10ppmアクロレイン4ppm二酸化イオウ1ppm5ppm臭素および臭素化合物9.8ppm臭化メチル47ppmフェノール48ppm5ppm対象物質東京都条例神奈川県条例硫酸1mg/Nm3クロム酸1ppm塩化スルホン酸1mg/Nm3ピリジン11ppmメルカプタン10ppmスチレン43ppmエチレン240ppm二硫化炭素29ppmクロルピクリン5.5ppmベンゼン29ppm10ppmトリクロルエチレン51ppm50ppmテトラクロルエチレン41ppm50ppmトルエン49ppm100ppmキシレン45ppm150ppmヘキサン50ppmメタノール、アセトンベンゼン、トリクロルエチレン、テトラクロルエチレン、トルエン、キシレン、ヘキサンに加えて、これらの対象物質の量の合計は200ppmまで(ただしそれぞれの基準値を超えない)イソアミルアルコールイソプロピルアルコールメチルエチルケトンメチルイソブチルケトン硫酸メチル、酢酸エチル、酢酸ブチルスクラバー設備の選定参考資料ファン排気ガス洗浄装置・ファン

元のページ  ../index.html#651

このブックを見る