オリエンタル技研 総合カタログ CO39
626/700

624■ シールドルームShield Room電磁波・磁気・音など、様々な要素を抑制するシールドルーム電波シールドルームや磁気シールドルームに新たな機能を搭載した、複合機能シールドルームとしての需要が高まっていますシールドルームシールドルームの種類と用途種類用途シールド材料電波シールドルーム電波暗室、家電用機器測定室純鉄・ステンレス・銅・アルミニウム磁気シールドルームMRI室・NMR室、精密機器使用室純鉄・アモルファス・ケイ素鋼板防音シールドルーム眼位・眼底検査室、脳波測定室グラスウール・純鉄・ステンレス・銅・アルミニウムX線シールドルームX線放射実験室、レントゲン室鉛板シールドルームは、計測を行う際にノイズとなるEMI(電磁波障害)、音、磁気等を抑制するために設けられる部屋で、一般的には電波シールドルーム、磁気シールドルームを多く指します。オリエンタル技研工業では、対象要素のシールドのみを目的とした「単一機能シールドルーム」以外にも、「シールド+恒温恒湿室」、「シールド+電波暗室」、「シールド+無響室」のように、複数の機能を併せもった「複合機能シールドルーム」をご提供いたします。▶使用目的、設置条件等のニーズに合わせて自由な設計・施工が可能です。▶プレハブパネル方式を採用しているため、短期間での施工が可能です。▶安定した高いレベルの性能を発揮します。▶不燃仕様にも対応できます。▶コンセント・窓・照明・扉・空調吹出口など、すべて専用仕様です。シールドルームの役割❶外部からの影響を遮断外部からの妨害波等が室内に入らないようにすることで測定精度を向上させ、機器への悪影響を軽減します。❷内部からの影響を遮断使用する機器から発生した妨害波を遮断することで、周囲への悪影響を防ぎます(アースをとるために接地を必要とします)。また、妨害波を吸収することで内部反射を防ぎ、測定精度の向上と機器への悪影響を防ぎます。妨害波源シールド室シールド室アース妨害波源受動遮蔽能動遮蔽プレハブウォークインチャンバー施設計画低温室・低温実験室恒温恒湿室・乾燥室シールドルーム環境試験施設

元のページ  ../index.html#626

このブックを見る