オリエンタル技研 総合カタログ CO39
590/700

1111111122222233334445881 RI実験施設レイアウト例化学系RI実験室のレイアウトではまずヒュームフードの数量と場所を決めます■ 化学系実験室▶一般の化学実験室と比較して、RI実験室では使用するヒュームフードの数が比較的多いため、計画の際はまずヒュームフードの数量・場所を決定することが必要です。これはヒュームフード内でRI物質を使用する際、発生する有害ガスを効率よく排気する必要があるためです。完全排気を行うためには、ヒュームフードの数量と実験室の換気回数や配置場所により、換気効率や排気ダクトの施工方法を決定することが大切です。次に動線と作業効率を考えたうえで、実験台や流し台の配置を決定します。■ RI実験施設Facilities for Radioisotope Experiment設置製品一覧No.品名外寸法(mm)ユーティリティWDH電気給水給湯排水ガス局所排気❶ヒュームフード18001100/7502350●●●●❷中央実験台36001500850/1890●●●●❸ステンレス製流し台1800 750850/1010●●❹サイド実験台1800 750 850化学系実験室施設計画RI排気処理システムRI排水処理システムRI管理総合システム参考資料RI実験施設・設備

元のページ  ../index.html#590

このブックを見る