オリエンタル技研 総合カタログ CO39
589/700

587空調設備排水設備密封されていないRI物質を扱う実験施設では、空調設備(換気設備)は作業者の被曝防止に対して最も重要な設備です。しかし、機器の選定やシステム構築を間違えると「汚染拡大」や「ランニングコストの増大」等、目に見えない危険が生じるおそれがあります。RI実験施設における空調設備には右図のRIフィルターチャンバーBOXを設置することが適当です。RI実験施設でヒュームフードを使用する場合には、作業者の安全を守るために全排気が必要となります。そのためヒュームフードの排気能力、面速等をよく検討する必要があります。RI実験施設では、RI物質を含んだ廃水が発生します。この廃水をそのまま放流することは、周辺環境に放射線障害を及ぼすおそれがあるため、使用する核種毎に厳しい法規制が定められています。一般的にRI実験室では、中レベル以上の廃水は密閉容器にためて保管し、処理機関に引き渡します。また、低レベルの廃水の場合は、貯留槽を設けて貯水し、規定されている濃度以下であることを確認したうえで放流が行われます。排水設備、特に貯留槽はRI実験施設を設計する際に重要な要素(安全性・将来の対応・コスト等)で、専門の技術者に設計・施工を依頼して、安全を期す必要があります。RI実験施設空調システムRIフィルターチャンバーBOX空調機1管理室汚染検査室作業室実験室貯蔵室廃棄物保管室プレフィルターHEPAフィルターチャコールフィルターEX・FANEX・FANEXEXOAOA空調機2β・γ線等ガスモニタ緊急ダンパーFVDFVDFVDFVDFVDFVDフード施設計画RI排気処理システムRI排水処理システムRI管理総合システム参考資料RI実験施設・設備

元のページ  ../index.html#589

このブックを見る