オリエンタル技研 総合カタログ CO39
494/700

492イノバイブケージングシステム施設計画マキシマイザーケージングシステム実験動物用ステーション飼育ラック解剖台オートクレーブケージウォッシャー実験動物関連施設型式型式の説明A.ケージタイプ型式ABCDEFG棚1段のケージ数棚段数ケージ総数▶ケージタイプ▶給・排気方式▶ラックタイプ6:集中排気(HVAC)方式7:給気/HEPA、排気/HVAC方式3:据置きタイプ(アルミニウム製)4:可動タイプ(ステンレス製)▶給水方法1:ボトル給水タイプ2:自動給水タイプ❷♯2 哺乳マウスケージ❽♯8 ラットケージ(幅広)❸♯3 2連式マウスケージ❾♯9 スモールマウスケージⅡ❹♯4 ラットケージ♯10 マウス(大型)ケージ❺♯5 スモールマウスケージ(幅広)♯11 2連式マウスケージⅡ❻♯6 ラット(大型)ケージ♯15 2連式マウスケージ(幅広)❼♯7 ラット単飼育ケージ給・排気ブロワー取付位置5 TM:上部取付けタイプ5 BM:下部取付けタイプ5 WM:壁取付けタイプ▶材質は繰返しオートクレーブが可能なポリサルフォン製です。▶ケージ内には可動部が無いため、ケージウォッシャーで洗浄しても部品の脱落等がありません。▶ケージ内換気回数:60回/時(変更可能)■ 多彩なケージラインナップ▶離乳した同腹仔を性別に分けて、一緒に飼育することが可能です。▶比較実験等での飼育に利用可能なほか、動物間での闘争等を解消します。■ 2連式ケージケージタイプ(注1)#2、#3、#4、#11のケージは交換可能です。#5、#7、#15のケージは交換可能です。#8、#10のケージは交換可能です。(注2)ケージサイズは、製作上多少異なることがあります。(注3)床面積は、床敷きを0.5インチ敷いたときの面積です。ケージ名(注1)型式外寸法 W×D×H(mm) (注2)床面積(cm2) (注3)飼育数(推奨)哺乳マウスケージ♯2308×308×14372872連式マウスケージ♯3308×308×1413343ラットケージ♯4308×308×1877421スモールマウスケージ(幅広)♯5 222×308×1625045ラット(大型)ケージ♯6308×594×22913933ラット単飼育ケージ♯7222×308×2224741ラットケージ(幅広)♯8406×308×2229452スモールマウスケージⅡ♯9196×309×1494364マウス(大型)ケージ♯10406×308×162985102連式マウスケージⅡ♯11308×308×16233432連式マウスケージ(幅広)♯15222×308×1622132■ マキシマイザーケージングシステム ソーレンケージングシステム社Maximizer Caging system

元のページ  ../index.html#494

このブックを見る