オリエンタル技研 総合カタログ CO39
480/700

478イノバイブケージングシステム施設計画マキシマイザーケージングシステム実験動物用ステーション飼育ラック解剖台オートクレーブケージウォッシャー実験動物関連施設実験動物飼育装置のシステムが最適であるかの判断要素は5つイノバイブケージングシステムはすべての要素をクリアし、「ディスポーザブルシステム」により研究施設に革新をもたらしますイノバイブケージングシステム■ イノバイブケージングシステムINNOVIVE CAGING SYSTEMケージ内のエアーの流れケージ内アンモニア濃度推移ディスポーザブルシステムのイノバイブケージングシステムは作業工程と実験手順をシンプルに1 動物福祉実験動物を健康な状態で維持することは、動物実験において最も重要な要素となります。IVCラック選定の際には、ラックの性能を保証するテスト結果があることが重要です。ケージ内環境を最適に保つために開発されたIVCラックイノラックケージングシステムは、各ケージに微風量のエアーを給気することで、ケージ内の空気を効率的に排気し、ケージ内の環境を最適に制御します。第三者機関の調査では、既存製品に比べ、ケージ内のアンモニア濃度を1/15以下に抑えられた調査結果が報告されています。この飼育環境の改善により、次のような効果が期待できます。▶より良い飼育・繁殖成果▶ケージ交換頻度の低減による運営コストの削減

元のページ  ../index.html#480

このブックを見る