オリエンタル技研 総合カタログ CO39
475/700

473イノバイブケージングシステム施設計画マキシマイザーケージングシステム実験動物用ステーション飼育ラック解剖台オートクレーブケージウォッシャー実験動物関連施設実験動物の飼育管理において、「動物への給水」は最重要課題のひとつです。給水には、給水ビンと自動給水の2種類の方法が用いられますが、近年においては実験動物施設のシステム化に伴い、自動給水方法の採用が推奨されます。オリエンタル技研工業の自動給水システムは、給水の1次側からケージの中の自動給水ノズルに至るまでの一連のシステムで、既設の飼育棚にも取り付けることができる画期的なシステムです。一方で給水ビンによる給水方法は、施設が小規模の場合や動物の個別管理を行いたい場合に適しており、2種類の給水法を使い分けることが大切です。自動給水用ノズルは動物が口をつけて水を飲む部分です。直接動物が触れるため、自動給水システムのなかでも最も重要な部分といえます。このノズルは動物の種類に合わせて選ぶ必要があり、ノズルの作動や水量に合わせて精密に設計されています。■ 自動給水用ノズル動物への給水は、実験動物の飼育管理ポイントの一つです近年は実験動物施設の規模拡張化が進み、飼育数の増加や管理・省力化のため、自動給水システムが一般的になっています自動給水システム自動給水システム給水メインバルブ減圧弁バルブ飼育棚飼育棚ミクロフィルター流量計飼育室前室紫外線流水殺菌装置自動給水ノズルマウス用ラット用モルモット用ラット用ウサギ用イヌ用サル用ノズルの種類と区分■ 実験動物施設Auto Watering System

元のページ  ../index.html#475

このブックを見る