オリエンタル技研 総合カタログ CO39
472/700

470イノバイブケージングシステム施設計画マキシマイザーケージングシステム実験動物用ステーション飼育ラック解剖台オートクレーブケージウォッシャー実験動物関連施設感染動物飼育施設は動物相互間の汚染防止とともに、実験者の保護と施設外への汚染防止対策を取ることが大切ですバイオハザード防止対策は、2段階隔離方式を採用して完璧を期します感染動物飼育施設施設レイアウト感染動物飼育施設は病原体を使用するために、実験者の保護と施設外への汚染防止が最重要課題になります。さらに、動物相互間の汚染も防止しなくてはなりません。そこで、感染動物飼育施設におけるバイオハザード防止対策としては、2段階隔離方式を採用した完全な封じ込めが ポイントになります。まず、一次隔離として動物飼育用アイソレーターを使用し、作業者・感染動物間の隔離を行います。二次隔離として建物の構造や設備を使用して、外部への病原体の漏洩を防止します。感染実験区域と外部区域の隔離を完全に行い、安全を確保することが大切です。■ 感染動物飼育施設■ 実験動物施設Laboratory Animal Facility機械室P3 実験室(解剖室)感染動物飼育室感染動物飼育室感染動物飼育室感染動物飼育室感染動物飼育室感染動物飼育室感染動物飼育室感染動物飼育室P2・P3実験室シャワー室シャワー室ロッカー室ロッカー室P.BP.BA.CA.CA.SA.S更衣室更衣室クリーン準備室感染動物飼育室感染動物飼育室ダーティー廊下ダーティー廊下クリーン廊下洗浄滅菌室倉庫低温室死体保管室受入室受入室WCWC作業員室居室・研究室受 付管理室ホール前室

元のページ  ../index.html#472

このブックを見る