オリエンタル技研 総合カタログ CO39
437/700

435安全キャビネットの分類安全キャビネットのタイプ研究テーマに合わせて装置を選択してください。クラスⅡ対応の安全キャビネットには、エアーの流れが異なるA2、B2の2タイプに加え、新たにC1※が登場しました。 本装置はバイオセーフティレベルP1、P2、P3の要求水準に適合し、空気で運ばれる一般的なハザード粒子、遺伝学的物質、発癌性物質、アレルギー性物質等を取り扱う作業に最適です。 ※NSFによる正式表記は審議中■ NSF 49 クラスⅡ本装置は、室内にHEPAフィルターで浄化したエアーを排気するように設計されています。また、微量の揮発性化学物質や微生物学研究で放射性トレーサー物質などを取り扱う場合は、キャノピーコネクション(オプション)を取り付け屋外への配管工事をすることで、屋内排気の一部を屋外排気に変更できます。装置作業面近くのエアーは、フィルターで浄化されていない部屋の空気と混合され作業面低部を通過して装置背面へ吸引されます。吸引されたエアーの約70%はHEPAフィルターで浄化され循環されます。残りの汚染エアーは、排気HEPAフィルターで浄化され装置外へ排気されます。安全キャビネット クラスⅡタイプA2施工された排気管から屋外へ排気するタイプB2の装置は、エアーの循環がなく全エアーは屋外排気されます。揮発性化学物質や放射性トレーサー物質などの研究で使用されます。装置頂部から吸引された室内空気は、HEPAフィルターで浄化され作業面へ吹き付けられます。一方装置前面グリルからは室内空気が吸い込まれ作業面低部を通過後、装置背面を上方に上がります。エアーは、さらに排気HEPAフィルターで浄化され装置外へ排気されます。安全キャビネット クラスⅡタイプB2クラスⅡタイプAとBの両方の要素を兼ね備えた新たなタイプ。微生物・病原体の取り扱いを対象とした室内循環排気モード(Aモード)と、ケミカルハザード物質や放射性核種の取り扱いを対象とした屋外排気モード(Bモード)の切り替えが可能。屋外排気モードで運転した場合、従来のクラスⅡタイプB2と比較し、約40%※の排気風量の低減により省エネ運転が実現できます。※LABCONCO社基準に基づく安全キャビネット クラスⅡタイプC1エアーフロークラスⅠクラスⅡクラスⅢ危険度ウィルス低~中度高度一般病原体クラス1~3クラス1~4NSF/ANSI49-2002タイプタイプA1タイプA2タイプB1タイプB2タイプC1面速0.38~0.5m/sec0.38~0.5m/sec0.5m/sec0.5m/sec0.5m/sec0.51~0.56m/sec-循環比率0%(100%排気)70%70%30~50%0%(100%排気・屋外)Aモード:約60%(残り約40%は室内循環)Bモード:約60%(残り約40%は屋外排気)0%(100%排気・屋外)JIS規格タイプ-タイプAタイプB3タイプB1タイプB2--面速(インフロー)0.4m/sec以上選定風速±0.025m/sec以内0.5m/sec以上選定風速±0.025m/sec以内0.5m/sec以上選定風速±0.025m/sec以内0.5m/sec以上選定風速±0.025m/sec以内循環気率-50~70%50~70%30%30%--使用目的作業者と環境を保護する。クリーンエリアで試料の無菌操作と試料の相互汚染が防止できる。作業者と環境を保護する。最高危険度の実験。作業者と環境を保護する。性能・特長排気はHEPAフィルターによって浄化されます。キャビネット内の気流は、作業者に逆流する可能性が少なく、安全性が確保されています。また、作業台上は汚染エリアとなるため、クリーン度を要求する作業には使用できません。作業エリアは完全にクリーン化されています。ダクト接続がないため設置が簡単です。排気はHEPAフィルターで浄化するため、外部汚染はありません。屋外排気をするため、危険度のある試料も安全に使用できます。排気ダクト工事が必要です。100%屋外排気をするため、より危険度の高い試料の取扱作業ができます。排気ダクトの接続工事が必要です。AモードもしくはBモードいずれかで運転を行います。■ Aモード:作業エリアには給気HEPAフィルターで浄化された循環エアーが供給されます。ダクト接続が不要な為、設置が容易です。排気HEPAフィルターによる浄化で室内への汚染がありません。■ Bモード:作業エリアには給気HEPAフィルターで浄化された循環エアーが供給されます。排気エアーを屋外排気するため、排気ダクト接続が必要です。ダクト接続により排気エアーを屋外排気するため、危険度の高い試料の取り扱いが可能です(ケムゾーンでの作業に限定)完全密封型で最も危険度の高い病原菌を取り扱うことができます。しかし、完全密封型での作業はグローブを通して行うため、操作はかなり制限されます。ルームエアーHEPAフィルター浄化エアー陰圧エアー(未浄化)陽圧エアー(未浄化)ルームエアーHEPAフィルター浄化エアー陰圧エアー(未浄化)ルームエアーHEPAフィルター浄化エアー陰圧エアー(未浄化)陽圧エアー(未浄化)直接排気エアー循環エアー施設計画安全キャビネットバイオクリーンベンチ・採痰ブースUV殺菌ロッカーバイオテクノロジー関連施設

元のページ  ../index.html#437

このブックを見る