オリエンタル技研 総合カタログ CO39
418/700

416オートクレーブCPC施設の中核となる部屋です。バイオハザード対策が必要ない場合には、清浄度を優先した陽圧管理となります。何らかの生物学的汚染が考えられる場合には封じ込めを優先した陰圧管理とすることも可能です。■ 細胞培養室細胞培養室への入り口となる部屋で、ここで術衣への更衣や手指の消毒等を行います。この部屋は清浄度の異なる他の部屋とのバリヤーの役割を果たし、ダーティーな空気が細胞培養室へ流れ込むのを防ぎます。■ 前室培地、培養試薬やその他の試薬、消耗品などをクリーン環境下で保存するための部屋です。一般エリアからの物品はパスボックス等を通じて搬入され、一旦ここにストックされます。そしてここから細胞培養室などの各クリーンルームに移されます。■ サプライ室排気付き流し台■ 設備機器感染した細胞を培養したり、細胞培養中に生物学的汚染が濃厚になった試料を培養するための施設です。陰圧管理の室圧と独立した空調システムで汚染を確実に封じ込めます。■ P2対応細胞培養室細胞培養室からの出口となる部屋で、ここで術衣やグローブの脱衣を行い、オートクレーブ等で滅菌を行います。■ 後室品質管理のために培養細胞の一部をサンプルとして冷凍保存しておく部屋です。冷凍保存には−195℃の液体窒素を用いることが多く、その場合には酸欠警報システム、緊急換気装置なども必要です。■ サンプル保存室■ メディカル関連施設Medical Facilities施設計画施設レイアウトメディカル関連施設

元のページ  ../index.html#418

このブックを見る