オリエンタル技研 総合カタログ CO39
372/700

■ID+パスワード■取扱者バーコード■ID+指紋認証 (オプション)■保管庫の開錠鍵ボックスが開錠され、取り出した鍵で保管庫を開けることができます。■メニュー画面■取り出し薬品の確認バーコードスキャナーで取り出した薬品の確認を行います。■取り出し薬品の確認バーコードスキャナーで取り出した薬品の確認を行います。■ 内容量の確認重量管理を行う薬品は電子天秤で残量の計量を行い、使用量の算出・記録を行います。本数管理を行う薬品は手入力で返却本数を入力します。重量管理本数管理登録したい薬品へ予め印刷したバーコードを貼り付けます。■データの入力薬品の各種データを入力します。試薬瓶のバーコードから情報を直接取り込むことも可能です。■重量管理最後に重量を計測し登録完了となります。薬品データーとバーコードデータの関連付けを行った後で保管します。キーボードから入力試薬瓶バーコードを直接利用先出し法と後出し法の違い■データの入力薬品の各種データを入力します。試薬瓶のバーコードから情報を直接取り込むことも可能です。入力データーを元にバーコードラベルプリンターでバーコードを印刷します。登録されたバーコードを薬品に貼り付け保管します。キーボードから入力試薬瓶バーコードを直接利用■重量管理最後に重量を計測し登録完了となります。STORAGEを導入する時に、バーコードの管理方法を選択します。■先出し法A4のラベルに予めバーコードを印刷しておき必要に応じてバーコードを利用する方法です。この方法の利点は、専用のバーコードプリンタが必要なく、既存のレーザープリンターでバーコードを印刷することができます。11111111111111100000000000008900000000000009000000000000009100000000000009200000000000009300000000000009400000000000009500000000000009600000000000009700000000000009800000000000009900000000000010000000000000010100000000000010200000000000010300000000000010400000000000010500000000000010600000000000010700000000000010800000000000010900000000000011000000000000011100000000000011200000000000011300000000000011400000000000011500000000000011600000000000011700000000000011800000000000011900000000000012000000000000012100000000000012200000000000012300000000000012400000000000012500000000000012600000000000012700000000000012800000000000012900000000000013000000000000013100000000000013200203100000387薬品名:アセトニトリル 薬品区分:一般薬品 発注日: シートから一枚剥ぎ、試薬瓶へ貼り付けます。□バーコード印刷例□バーコード印刷例二次元 一次元 111111111111111一次元 00203100000387薬品名:アセトニトリル 薬品区分:一般薬品 発注日: ■後出し法薬品登録時に、専用のバーコードプリンターでバーコードを印刷します。バーコード以外に使用期限などを印刷でき、耐薬品性にも優れています。薬品名、薬品区分、発注日等の管理項目を表示することが可能です。※二次元バーコード印刷も可能です。370ラボファニチャー実験台用天板設置計画ラシーヌシリーズノーチェ Aシリーズノーチェ Bシリーズバイカーサシリーズワコードシリーズグランデシリーズバリュークエストシリーズライマンシリーズ流し台作業台・測定台・天秤台・薬品保管庫薬品管理システム付属設備・ラボチェア除振台・電子天秤シンク用シェルフ・ビーカー掛・乾燥棚純水製造装置超音波洗浄装置洗顔栓・緊急シャワー器具戸棚・ラボワゴン平成28年6月改正労働安全衛生法対応運用方法薬品瓶1本ごとに専用のバーコードで管理運用シンプルで薬品管理と安全管理を簡単に実現ベーシックな使用量管理から、高度な帳票の作成、RA機能を通してのコンプライアンスなど、マネージメントの一助となります ログイン鍵の取り出し先出し法 STEP 1先出し法 STEP 2メインメニュー取り出し処理返却処理 STEP 1返却処理 STEP 2登録処理後出し法 STEP 1後出し法 STEP 2先出し法 STEP 3先出し法 STEP 4後出し法 STEP 3後出し法 STEP 4・コンピューター画面は、入力例です。■ 薬品管理システムChemical Management System

元のページ  ../index.html#372

このブックを見る