オリエンタル技研 総合カタログ CO39
35/700

労働安全衛生法に基づく作業環境測定、抗生物質・抗がん剤等取り扱い設備の封じ込め性能評価を中心に、様々な作業環境のサンプリング、分析、評価を行います。更には、専門スタッフが評価結果をもとに、作業環境の改善・設備の改良のためのコンサルティングを行います。また、各分析評価方法の高精度化や新たな測定手法の開発に取り組みます。「実験動物の飼育環境は研究結果に直結する重要な因子であるため、実稼動を想定した製品および動物の飼育環境を検証・評価することは、適正な研究結果を得るために非常に重要である。」と我々は考えます。このような課題解決のため、動物室では 飼育装置の開発・検証、動物施設のスマート化を中心に、作業効率の向上と動物愛護に則した製品の開発に取り組みます。ヒュームフードをはじめとする各種排気装置のEN14175(欧州)規格、並びにANSI/ASHRAE-110(米国規格)に準拠した性能検証システムを完備。これらのシステムを活用し、各種新製品や、お客様の使用状況を想定した実践的な検証を行うことで、より安全な製品の開発に取り組みます。外部研究機関との共同研究や多彩な研究者による研究討論により、さらなる研究成果を挙げ、広く世界に科学情報が発信できる拠点を目指します分析室動物室テストルーム科学情報交換の場へ033

元のページ  ../index.html#35

このブックを見る