オリエンタル技研 総合カタログ CO39
204/700

850109050017001500150015008303600500500500750サイド実験台流し台流し台作業スペース中央実験台450~500800500(1200)450~1500500~450~500800500(1200)450~15006000(1単位)500~中央実験台通路スペース作業スペース通路スペース戸棚戸棚通路スペース作業スペース作業スペース作業スペース400~500750~900出入口、搬入口親子または両開きドア1200~18008501090150030001000750ヒュームフードクリーンベンチ150150750200400600850100012001400160018005006001500中央実験台1500中央実験台900両面用作業台1500両面式ヒュームフード750750実験台ヒュームフード設置スペース作業スペース作業スペース設置スペース通路スペース流し台830750500500~8005001500202■ 設置計画Laboratory Furnitureラボファニチャー実験台用天板設置計画ラシーヌシリーズノーチェ Aシリーズノーチェ Bシリーズバイカーサシリーズワコードシリーズグランデシリーズバリュークエストシリーズライマンシリーズ流し台作業台・測定台・天秤台・薬品保管庫薬品管理システム付属設備・ラボチェア除振台・電子天秤シンク用シェルフ・ビーカー掛・乾燥棚純水製造装置超音波洗浄装置洗顔栓・緊急シャワー器具戸棚・ラボワゴン9-1:ラボファニチャーの高さ9-2:ラボファニチャーの設置スペースオリエンタル技研工業ラボファニチャーでは、実験台の高さは立ち作業にも座り作業にも適した850mmです。サイド実験台の奥行は750mmで、間仕切り板に沿って配置される実験設備の設置面の奥行きは最大1000mmあれば充分です。その他の場所に設置される実験台やヒュームフード類の奥行きは最大1500mmです。通路スペースは、ワゴンや車イスの通行を考えて広くとる方が良いのですが、広すぎると落ちつかず、不要なものが置かれるなどかえってムダになります。狭すぎると作業者と通行者の衝突リスクを高め緊急避難時に支障をきたします。■ 実験台の高さ

元のページ  ../index.html#204

このブックを見る