オリエンタル技研 総合カタログ CO39
200/700

Division of Architectual Studies of the Nueld Foundationの調査より研究施設標準実験室共用室特殊実験室 研究居室コンピューター室 図書室 資料室コピー・印刷関連室 倉庫 会議室管理施設事務厚生サービス交通一般事務室 応接室 郵便・書類・各種物品受取&発送管理職室  秘書室 会議室 ロッカー室食堂  厨房 売店 自動販売機コーナー 休憩室 仮眠室医務室 健康管理室 和室 娯楽室 浴室 シャワー室倉庫(実験用品以外) 機械・電気室 空調衛生防災 中央監視室  電話交換室廊下 階段 エレベーター バルコニー実験棟研究本館その他電気・機械交通実験研究会議事務0%20%40%60%80%100%■研究所の構成面積(%)01やや狭い狭い普通やや広い広い2345678910111261~70m2 5.3% 21.1%15.8%26.3%26.3%10~20m2 5.3%51~60m221~30m231~40m241~50m2(m2)198■ 設置計画Laboratory Furnitureラボファニチャー実験台用天板設置計画ラシーヌシリーズノーチェ Aシリーズノーチェ Bシリーズバイカーサシリーズワコードシリーズグランデシリーズバリュークエストシリーズライマンシリーズ流し台作業台・測定台・天秤台・薬品保管庫薬品管理システム付属設備・ラボチェア除振台・電子天秤シンク用シェルフ・ビーカー掛・乾燥棚純水製造装置超音波洗浄装置洗顔栓・緊急シャワー器具戸棚・ラボワゴン世界標準で作られるオリエンタル技研工業のラボファニチャー実験台をはじめとするラボファニチャーは、「研究所」という特殊環境で使われるため、安全性や耐久性を考えて特別に設計する必要がありますオリエンタル技研工業は、研究設備の先端を行く米国のSEFA規格などを幅広く取り入れ、製品をご提供しております■ ISO9001:世界品質での製品作り■ ISO14001:環境負荷低減型製品の開発■ SEFAスタンダードの導入(SEFA:米国科学機器協会)設置計画ISO9001 ・ISO14001国際規格認証取得 SEFAスタンダード導入オリエンタル技研工業は1997年6月、研究設備メーカーとしては日本で初めてISO9001を認証取得しました。現在、適用範囲を当社が取り扱うすべての製品に拡大・展開しています。「ラボラトリーエンジニアリングメーカーとして、かけがえのない地球環境を守り、自然と科学が調和した緑豊かな社会の実現に貢献する」を基本理念とするオリエンタル技研工業は、ISO14001を認証取得。環境への負担が少ない製品開発を行っています。実験台では、脱塩ビ化、溶媒回収装置の組み込みやエポキシ製実験台甲板のラインナップなど、リサイクルや廃棄の容易さを考慮した製品を取り揃えています。SEFAは米国を中心に研究設備の品質および安全基準を定めている機関で、その基準は世界基準になりつつあります。実験台をはじめとするファニチャー関係についても、SEFA8により規定がなされています。オリエンタル技研工業は1998年の加盟以来、一貫して世界基準のモノ作りを進めています。❶適用範囲ラボファニチャーの設計、構成材料、用途およびテストについて❷テスト表面仕上げテスト、衝撃テスト、溶剤テスト(粘着、硬度)、荷重テスト 他…1:研究所の計画 − 研究施設のニーズ把握とプランニング3-1:研究所の平面計画 − 研究所の構成要素2:実験室に必要とされる面積最先端の知的活動を行う研究施設は、使いやすい実験設備、研究居室および整ったコミュニケーション設備やリフレッシュスペースで構成されており、一つの研究所としてこれらをトータルマネジメントすることが必要です。実験室は一般室と違って、特殊要素を多く含んでいます。研究員のニーズを把握して理想的な研究施設をつくるには、計画段階から建築設計者・設備設計者とともに、実験設備の専門家がプランニングにあたることがきわめて重要です。研究者の空間の感じ方は、実際の床面積だけでなく、フリースペース(実験室の中で設備や機器が置かれていない床)の面積に左右されるため、室面積における機器の占める割合を考慮することも重要です(図1参照)。■図1:標準実験室の1人当りのフリースペース(㎡)研究所の構成要素としては以下のようなものがあげられます。

元のページ  ../index.html#200

このブックを見る