オリエンタル技研 総合カタログ CO39
190/700

188ラボリノベーションでは、地震に強い研究室づくりも求められています地震対策には、研究室設備・什器の固定などの物理的な対策や、災害時の避難の動線に着目したレイアウト、転倒しにくい設備・什器の採用など様々な方法があります地震に備える安全な研究室づくりのために、4つの対策をご提案いたします研究室の地震対策設備・什器を固定するだけではなく、避難路が複雑にならず、万が一設備・什器類が転倒しても人に危害を及ぼさないようレイアウトします。同じスペース・設備・什器でも、配置を変えることで安全度は大きく高まります。■ 研究室レイアウト扉のない収納庫などでは地震の揺れで収納物が飛散してしまいます。あらかじめ扉や引き出しにラッチ機構やセーフティ機構を備えた設備・什器の設置を採用します。■  転倒防止機能付き設備・什器の採用地震による設備・什器転倒の防止には、設備・什器をしっかりと固定することが重要です。しかし、強度のないボード壁に固定しても効果はありません。床・壁・天井の材質や構造を考慮し、最適な固定方法を選択します。■  研究設備・什器の固定設備・什器の上に物を積み上げない、通路をふさぐ荷物を置かないなど、日頃からの安全点検を心がけ、危険要素を取り除きます。また、地震の後に固定金具などがゆるんでいたり、設備・什器の固定箇所が損傷していることも考えられるため、設備・什器を固定している部分を再確認する等の日頃のメンテナンスも重要です。■ 日常運用での注意■ 研究施設の地震対策Measures for Earthquake地震時に起こる実験什器の挙動と被害転 倒被害傾向・周囲の人、物への重大な被害・避難通路の障害・火気器具に転倒することで火災発生落 下被害傾向・周囲の人、物への重大な被害・避難通路の障害・火気器具に転倒することで火災発生移 動被害傾向・周囲の人、物への被害・避難通路の障害引き出しの飛び出し被害傾向・周囲の人、物への被害・収納物の破損・避難通路の障害扉の開閉・落下被害傾向・周囲の人への被害・発音による心理影響・避難通路の障害・収納物の落下収納物の落下被害傾向・周囲の人、物への被害・収納物の破損・避難通路の障害・火気器具に転倒することで火災発生ロッキング被害傾向・周囲の人、物への重大な被害・収納物の破損・発音による心理的影響変 形被害傾向・収納物の移動、落下、破損研究室の地震対策研究室の改修工事研究室の移設ラボ・ウォールシステムリノベーション

元のページ  ../index.html#190

このブックを見る