オリエンタル技研 総合カタログ CO39
180/700

178グローブボックスハザード対応タイプと環境コントロールタイプの2つのタイプの機能を搭載プロテクターグローブボックスコンビネーションタイプ▶工場出荷時に、5インチ水柱圧のヘリウムガスを注入した陽圧状態で、リークが1×10-6ml/sec以下であることを確認しています。▶希釈度(平方フィート/分)、換気回数(回数/分)、チャンバー内の圧力(インチ水柱圧)、パスボックス内の圧力(インチ水銀圧、mBar)は液晶画面に表示され、常時モニタリングすることができます。▶大きな観察窓が高い視認性を確保し、チャンバー内に大きな機材を入れるときには、観察窓を外すことができます(開口寸法はW914×H704mm)。3/8インチ厚の安全強化ガラスです。▶微粒子の封じ込め性能が20ng/m3以下。第三者機関であるセーフブリッジ社で証明されています。▶短時間で「クリーンアップ」が完了。5分間のペリメータースキャンテストでは、トレーサーガス0.05ppm以下(ASHRAE110の基準を上回る結果)。▶ISOクラス3の清浄度到達(ISO14644-1陽圧、陰圧試験)。▶給気フィルターと排気フィルターが汚染を防ぎます(HEPAフィルターもしくはULPAフィルターを搭載)。▶バッグイン/バッグアウトフィルターで、安全にフィルターを交換できます。ハザードタイプの主な特長▶時間経過による酸素量の上昇率は、ISOクラス1に適合します(ISO10648-2(酸素リーク量減少テスト方法)で1.67ppm/min以下の結果)。▶グローブボックス内の圧力を自動で調整します(−5〜+5インチ水柱圧(−1.24x103〜1.24x103Pa))。チャンバーのパージ・フィルを最大499サイクル自動で行うことができます。パスボックスのパージ・フィルは最大199サイクルまで自動で行うことができます。▶圧力やバキュームのレベルが設定値を超えると、モニターアラームで警告します。環境コントロールタイプの主な特長コードNo.型式タイプ外寸法W×D×H(mm)庫内寸法W×D×H(mm)電源重量(kg)04006004715080060ファイバーグラス製(HEPAフィルター)1623×762×1160901×711×714〜813AC100V50/60Hz10A22704006004725080160ステンレス製(ULPAフィルター)1613×762×1160901×711×714〜813AC100V50/60Hz10A295ファイバーグラス製タイプステンレス製タイプ最小到達酸素濃度:0.4ppm最小到達湿度:2ppm酸素透過性:0.3ppm/min以下(ISO10648-2に基づく)庫内照度:1292lux最小到達酸素濃度:0.2ppm最小到達湿度:2ppm酸素透過性:0.16ppm/min以下(ISO10648-2に基づく)庫内照度:861lux■ グローブボックスProtector Combination Glove Boxes機種選定プロテクターシリーズプレサイスシリーズ

元のページ  ../index.html#180

このブックを見る