オリエンタル技研 総合カタログ CO39
18/700

 科学技術の分野はより高度で新しい発見が常に求められています。その研究現場はクリエイティブかつコミュニケーティブでなければならないわけですが、現状に目を向けると、日本の作業環境はまだまだ無機質・機械的で、ストレスを感じさせるものとなっています。海外の恵まれた研究所で快適な環境を経験したことのある研究者であればなおさら、国内環境の遅れを感じておられるのではないでしょうか。 研究者はラボラトリーにおいて、おそらく、立っていても、座っていても、機器を操作していても、常に思考を繰り返しているのではないかと思います。そうした思考の邪魔にならないよう、設備・機器は在るべきと考えています。抽象的ではありますが、“無”と感じられる環境設定。それが使う側にストレスや不満を感じさせない“快適な”環境に通じるかと思います。別な言い方をすれば、「思った時にそれがそこにある」「実験作業や動作をスムーズに進行でき、思考を遮断させることのない」環境設定。そういった設備・機器の追求が、研究者の知的活動を活性化することにつながると考えます。 より快適な設備・機器をデザイン、製作するには、人間の構造や動きに適合させる「エルゴノミクス(人間工学)」スタディは必須項目となります。研究や実験を行う際の、握る、つまむ、操作するなど、人間と機器との接触部位―インターフェース部は中でも重要なポイントであり、いかに快適な使い勝手のよいものとするか、工夫・配慮を施すことが大事です。研究者をストレスからいかに解放するかエルゴノミクスの追求は必須さらなる快適性を求めてプロダクトデザイナー有限会社アオキデザイン代表青木重光 氏研究者の新たな発見、創造をサポートする、インキュベーターとしてのデザインをさらに追求していきたいPRODUCTDESIGN016

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る