オリエンタル技研 総合カタログ CO39
173/700

171風速測定・換気回数試験風速測定試験では、捕捉面における風速が規定値内であることを確認します。風速測定試験の結果より、ブース内の換気回数を算出し、その値が規定値以上であることを確認します。 ブース内圧力試験ブース内圧力試験では、ブース内が隣接室より陰圧であることを確認します。 照度試験照度試験では、ブースにて作業を行うための十分な照度が確保されていることを確認します。側面のプッシュフードより、HEPAフィルターを通過したクリーンエアーを放出し、もう一方の側面にあるプルフードからエアーを吸い込み排気することにより、ブース内に層流(ラミナーフロー)を形成します。作業者はプッシュフード側に立ち、サンプルをプルフード側で取り扱うことにより、曝露を防止します。プッシュプル排気方式で作業者を曝露から保護プッシュフードとプルフードの間はパネルによる仕切りが可能な構造となっています。これにより、作業に応じて作業開口部の風速を変更することが可能です。また、風量制御システムを搭載しており、作業に応じた運転モードに切り替えることが可能です。アイソレーターやヒュームフードのように、作業者の腕の可動範囲が制限されないため、高い操作性を確保することが可能です。そのため、パイロットプラントや秤量作業等、開放的で高い操作性が必要となる様々なアプリケーションに対応可能です。開口部の大きさや風量を任意に調整可能■ 広範な作業に最適なラミナーフローを形成ブース本体は非常に気密性の高い構造となっており、ブース内の清浄度はISOクラス8のクリーン度を確保しています。■ 清浄度はISOクラス8 (Fed.Std.209D クラス100,000相当)大型機器の搬入出が可能な搬入扉があり、床面には突起物がないため、反応釡や粉砕機などの大型の装置も容易に搬入することが可能となっています。■ 大型機器の搬入出も容易ブース内には、各種作業に必要な電気、特殊ガス等、様々なユーティリティの設置が可能となっています。■ 様々なユーティリティを設置可能フローサイエンスシリーズ設備の選定ラボコンコシリーズ秤量用集塵ブース・秤量フードラミナーフローブースケミカルハザード対策設備

元のページ  ../index.html#173

このブックを見る