オリエンタル技研 総合カタログ CO39
17/700

 専門家集団として不可欠であるのが個々の専門力の向上です。当技術研究所では現在、科学的検証や考察を行うスペシャリストを積極的に養成しています。その専門分野は、センサー、マイクロデバイス、ロボティクス、無線LANなどの技術分野のみならず、国際規格、労働衛生管理などに及びます。技術系の博士研究者であり、かつ労働衛生コンサルタントである人材を目標に、社員一人ひとりが資格取得やスキルの向上に取り組んでいます。 また、技術研究所を科学情報交換の拠点とするべく、多彩な研究者を随時招聘し、セミナーやワークショップ等を開催し、研究討論や共同研究の機会を提供していきます。 以上のような活動により、当技術研究所から、「平和と健康に資する」数多くの研究成果を生み出すことができると信じています。それら研究成果を、学会発表や論文投稿によって、広く世界に発信していきたいと考えます。 技術研究所は、最終的に、サイエンシング技術の世界における「知の拠点」になることを目指します。ものづくりの拠点となる「プロダクションセンター」も昨年開所しました。“ラボの未来をつくる”オリエンタル技研工業として、研究・開発・製造の一貫体制が完成しましたので、これまで以上に付加価値の高いソリューションを提供し、日本の科学の進展に貢献していくことができると考えています。科学技術者の育成に注力平和と健康に資する研究成果を015

元のページ  ../index.html#17

このブックを見る