オリエンタル技研 総合カタログ CO39
153/700

151封じ込め設備の導入フロー例コンサルティング封じ込め設備の導入に際しては、実施する作業内容や設置する機器に応じてさまざまなシチュエーションが考えられます。オリエンタル技研工業ではまず、お客様へのヒアリングを通して、必要とされる封じ込めレベルの確認、設置場所の現地調査やニーズを確認し、コンサルティングを行うことで、最適な封じ込め環境を実現するためのプランをご提案いたします。開発・製造ご提案させていただいたプランに基づき、3DモデリングやCFD(コンピュータ気流解析)等の最先端のシステムを活用し、プランの実現に向けた具体的な開発を行います。コンピューター検証やモックアップを経て、実際の製品の製造を行います。工場出荷前検査(FAT)お客様への納品前に、製造した製品の性能がお客様の要求仕様に合致していることを確認します。オリエンタル技研工業では、ヒュームフードの国際的な性能評価試験であるASHRAE-110(米国暖房冷凍空調学会規格)やEN-14175-3(ヨーロッパ規格)に加え、弊社技術研究所にて、ISPE(国際製薬技術協会)の定める性能評価試験方法であるSMEPAC(製薬機器の粒子封じ込め(コンテインメント)性能評価)に基づいた性能評価を実施することが可能です。納品・現地性能検査(SAT)封じ込め設備は設置環境の空調設備等の影響によりその性能が変化する場合があります。現地性能検査では、実際の設置環境にて工場出荷前検査(FAT)にて確認された性能が実現できるかを確認いたします。定期検査・メンテナンス封じ込め設備の稼働開始後、定期的に設備の性能を確認いたします。定期検査時に不備が確認された場合には、是正作業を行い、設備が導入当初の性能を維持できるようメンテナンスを行います。フローサイエンスシリーズ設備の選定ラボコンコシリーズ秤量用集塵ブース・秤量フードラミナーフローブースケミカルハザード対策設備

元のページ  ../index.html#153

このブックを見る