オリエンタル技研 総合カタログ CO39
144/700

142フレキシブルなフィルター装着を可能としたモジュール構造で、多様なアプリケーションに対応新たな機能が加わりつつもよりシンプルでより安全にモレキュラーフィルターの設置は工具や固定部材を必要としない自重設置方式のため、設置やフィルター交換が容易に行えます。モレキュラーフィルターにはパッキンが装着されているため、自重設置であっても運転時は高い気密性を確保できるエアタイト構造です。※推奨使用庫内環境 ・ 温度:20〜40℃ ・ 相対湿度:40~70%RH❶ モジュール式モレキュラーフィルター❷ エマージェンシーランプ❸ コントロールパネル❹ 飽和検出警報装置❺ サンプリングポート❻ 風速センサー❼ 人間工学に基づく前面傾斜サッシ❽ 長寿命・高照度のLEDライト❾ ユーティリティーポートカプトエアー“スマート”ダクトレスヒュームフード❶モジュール式モレキュラーフィルター2連式フィルター構成が高捕集能力を実現モレキュラーフィルターをメイン用とバックアップ用として2層使用することでフード内の有害物質を確実に吸着し、浄化されたエアーを室内に排気します。メイン用フィルターが完全に飽和してもバックアップフィルターで吸着処理するフィルター構成です。捕集能力を最大限に発揮するローテーション式フィルター交換法メイン用のモレキュラーフィルターが飽和したら、バックアップ用のモレキュラーフィルターをメイン用として使用します。その結果、モレキュラーフィルターの浄化能力を最後まで使用して廃棄することができます。❶❷❸❹❺❻❼❽❾■ カプトエアースマートCaptair Smart作業環境測定関連基準グリーンヒュームフードカプトエアースマートシリーズダクトレスヒュームフード

元のページ  ../index.html#144

このブックを見る