オリエンタル技研 総合カタログ CO39
142/700

140作業中、有害なガスあるいは固体・粉体の化学物質を吸引してしまうと健康リスクを引き起こすことがあります。 健康への影響を配慮して、いかなる場合でも危険濃度の最小値を超えないように、多くの化学薬品には作業時の暴露限界値(OEL)が設定されています。 またこれらの有害物質は、研究室での日々の作業に関連して防止、保護に関する法令が定められています。カプトエアースマートで使用しているフィルターは独自の分子ろ過技術、さらには分子と微粒子を融合したHEPAフィルターでの浄化技術で広範囲の研究において高性能なろ過性能を発揮します。広範囲の研究において高性能なろ過性能を発揮「フィルターの種類」▶モレキュラーフィルターは吸着したい物質に対して特異な吸着性能を発揮する、最も適したフィルターを選択できます。エンクロージャーの高い封じ込め性能が得られるように設計されています。フランス規格協会(AFNOR NFX 15-211:2009)の基準に適合しています。■ モレキュラーフィルター▶HEPAフィルターの浄化性能は、直径0.3μm以上の微粒子を99.995%除去できます。(欧州規格:MPPS testに準拠)■ HEPAフィルター▶プレフィルターは、HEPAフィルターの前処理用として使用します。HEPAフィルターの寿命を延ばします。■ プレフィルター■ モレキュラーフィルターの捕集能力(抜粋)単位:g薬 品フィルター型式OGF4ASOGF4BE+OGF4FOGF4K薬品名有機性ガス有機性ガス+酸性ガスホルムアルデヒドガスアミンガス1C2C1C2C1C2C1C2C塩酸HCL aq.solHydrochloric acid――16202184――――塩化水素HCLHydrogen chloride――16202184――――硝酸HNO3Nitric acid――13681608――――硫化水素H2SHydrogen sulde――594810――――ベンゼンC6H6Benzene470790――――――トルエンC7H8Toluene11001380――――――トリクロロエチレンC2HCl3Trichlorethylene15051630――――――アンモニアNH3Ammonia――――――255320ホルムアルデヒドCH2OFormaldehyde――――110215――*捕集能力は、単一化学薬品を使用した場合の目安です。詳しくは弊社営業部までお問い合わせください。■ フィルターの種類フィルター浄化物質例タイプ型式モレキュラーフィルターOGF4AS有機性ガスアセトン、トリクロロエチレン、フェノールピリジン、トルエン、ベンゼン、スチレンなどOGF4BE+有機性ガス+酸性ガス塩酸、硝酸、硫化水素、亜硫酸ガスOGF4Kアミン類アンモニア類OGF4FホルムアルデヒドホルムアルデヒドHEPAフィルターOGF4HP粒子プレフィルターOPF粒子■ 浄化物質とフィルターの組み合わせ浄化物質研究室タイプ液体化学物質ガス  液体化学物質で 粉体を含有    粉体の取扱・秤量  一般の研究室1Cクラス2NFX 15-211:20092Cクラス1 NFX 15-211:20091P 1Cクラス2 NFX 15-211:20091P 2Cクラス1 NFX 15-211:20091P粉体処理 粉体秤量処理クリーンルーム(ISO7までのラボ)1C 1Pクラス2 NFX 15-211:20092C 1Pクラス1 NFX 15-211:20091C 1P一般的な粉体処理2P 1C精度な粉体処理1P粉体処理 粉体秤量処理■ ろ過物質とフィルターのタイプフィルタータイプNFX 15-211:2009基準での分類本製品での分類粒子用フィルター*タイプPタイプPガス用フィルター**タイプVタイプC粒子+ガス用フィルター*タイプPVタイプPC *:粒子用フィルターは、NF EN 1822-1基準に適合したH14型(HEPAフィルター)以上でなければならない。**:ガス用のフィルターは、揮発性有機化合物(VOC)の吸着性能としてシクロヘキサンとイソプロパノールで性能評価しなければならない。■ カプトエアースマートCaptair Smart作業環境測定関連基準グリーンヒュームフードカプトエアースマートシリーズダクトレスヒュームフード

元のページ  ../index.html#142

このブックを見る