オリエンタル技研 総合カタログ CO39
134/700

132発散防止抑制措置特例実施許可申請(ダクトレスヒュームフード)のためのコンサルティングおよび作業環境測定を行います作業環境測定業務のご案内■ ダクトレスヒュームフードDuctless Fume Hood事業内容発散防止抑制措置特例実施許可の申請から作業環境測定までの作業は、日本で唯一、経験と実績のある当社にお任せください。❶研究室・試験室・病理室・工場等の作業環境測定▶ 発散防止抑制措置特例実施許可(ダクトレスヒュームフード)の申請書類を下記に示します。① 作業場の見取り図② 作業環境測定の結果(第一管理区分であること)③ 確認者の結果を記載した書面④ 当該発散防止抑制措置の内容および有機溶剤の蒸気の発散防止または抑制について有効である理由を記載した書面⑤ 労働衛生管理体制の概要⑥ 労働基準監督署長が必要と認めるもの発散防止抑制措置実施特例許可申請のためのコンサルティングおよび作業環境測定の実施❷発散防止抑制措置特例実施許可申請(ダクトレスヒュームフード)のための環境測定、申請手続きの支援注1: 労基署に申請し許可を受けたダクトレスヒュームフードは、6ヶ月に1回の作業環境測定が義務付けられています。注2: ダクトレスヒュームフードは、試験室内に容易に設置でき、有機溶剤等を取り扱う作業から発散される有機性等のガスを吸着するので、作業者の安全の確保が容易になります。また、本装置は、労基署へ申請し、基準に適合すれば「発散防止抑制措置特例実施」の許可となるため、作業者にとって信頼性の高い、安心・安全な作業環境を維持することができます。❹発散防止抑制措置の排出ガス濃度測定の実施屋内作業場などのコンサルタント業務は経験豊富な労働衛生コンサルタントにお任せください。試験所における作業者の安全を守る立場から種々の業務改善案、安全対策等の提案をいたします。作業性が良く、効率性の高い、安全な職場への指導・提案が可能です。❸研究設備等に対する労働コンサルティングの実施[業務登録番号]作業環境測定機関登録証 登録番号08-42労働衛生コンサルタント 労働衛生工学149号労働安全コンサルタント 化学327号作業環境測定のフロー費用の見積もり測定日の調整作業環境測定の実施結果報告書の提出測定結果の評価に基づき「労働衛生コンサルタント」からの提案作業環境測定関連基準グリーンヒュームフードカプトエアースマートシリーズダクトレスヒュームフード

元のページ  ../index.html#134

このブックを見る