オリエンタル技研 総合カタログ CO39
112/700

新しい制御技術への対応動物管理他社システム連動リモートメンテナンスメンテナンス時期の管理さらなる局所排気の省エネ次世代型ラボ省エネ環境対策環境配慮型ラボ研究の効率安全性の確保従来型ラボBasicGreen Lab SystemSmart Lab SystemRevolution110最先端のラボシステムグリーンラボシステムとスマートラボシステムグリーンラボシステムとは、ラボ設備本来の目的である安全性を確保しつつ実験環境に配慮し、省エネを促進することでサステナビリティ(持続可能性)を実現するシステムのことです。グリーンラボシステムに対応した弊社の代表製品としては低風量型ヒュームフード、ダクトレスヒュームフードがあります。システム面で省エネ化を実現する手法としては、局所排気コントロール、給排気コントロールと続き、最新のトレンドとして排気設備の稼働率管理があります。スマートラボシステムとは、グリーンラボシステムにネットワーク機能を追加することで、様々な機能を実現したインテリジェンスラボのことです。現在はWebサーバー機能+PLC機能+I/O端末機能を持ったコントローラーを中心に構成されています。警報接点やON/OFF信号の様なデジタル信号と温湿度情報や風量情報のようなアナログ信号の相互変換のほか、Webカメラとの連動も可能です。可能な動作としては、設備状態のモニタリング(監視)、設備操作、警報通知、遠隔監視、データの蓄積等があります。近年重要視されている、遠隔監視、蓄積データの分析を用いたメンテナンスへの活用も可能です。空調制御システム最先端のラボシステムスマートラボシステムラボ・オートメーションシステム

元のページ  ../index.html#112

このブックを見る