NEWS

2017.08.4

夏季休業のお知らせ

2017.07.11

「プロダクションセンター」がDSA日本空間デザイン賞2017に入選

弊社のものづくり拠点である「プロダクションセンター」が、一般社団法人日本空間デザイン協会主催 「DSA日本空間デザイン賞2017」に入選したことをお知らせいたします。

 

「DSA日本空間デザイン賞」とは、世界最大規模の空間環境系のデザイン賞であり、空間におけるコミュニケーションデザインの創造をめざす優秀なデザインを顕彰します。

2017年度は、応募総数755作品について厳正な審査が行われ、2016年12月に開所した弊社のものづくり拠点である「プロダクションセンター(設計監理:プラナス株式会社)」が入選いたしました。

 

プロダクションセンター

 

アクセス:

〒300-4204 茨城県つくば市作谷3453-5
TEL.029-850-9330(代) FAX.029-850-9331

2017.07.4

第30回インターフェックスジャパン ご来場の御礼

平素より格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。
2017年6月28日(水)~6月30日(金)に東京ビッグサイトで開催されました第30回インターフェックスジャパンにご来場いただき、誠にありがとうございました。
今回の出展では、労働安全衛生法の改正により義務化された「リスクアセスメント」への対策を強力にサポートする最新の設備やシステム、2015年・2016年にGOOD DESIGN AWARD(グッドデザイン賞)を受賞したNOCEシリーズ・RACINEシリーズの実験台並びにヒュームフード(ドラフトチャンバー)を様々なデモンストレーションを交えながら展示させていただきました。
今年はあいにくの雨模様にも関わらず、例年以上に多くのお客様にご来場いただき、大盛況のうちに無事終了することができました。改めて御礼申し上げます。
このたびは何分にも限られた時間での展示であり、ご満足いただける説明ができなかったかと存じます。 必要な資料、ご不明の点などは、日を改めご対応・ご提案させていただきますので、弊社担当までお申し付けください。
また皆さまより頂戴いたしましたご意見・ご要望を商品づくりや営業活動に活かして参ります。
どうぞ一層のご支援・ご指導を賜りますよう、お願い申し上げます。

2017.03.27

「第69回 日本細胞生物学会大会」出展のお知らせ

弊社では、2017年6月13日(火)~15日(木)の3日間にわたり仙台国際センター(宮城県仙台市)にて開催される「第69回 日本細胞生物学会大会」にて機器展示を行います。

 

今回の展示では、「オリエンタル技研工業の提案するリスクアセスメント対策リューション」をテーマに、フィルタ吸着式のヒュームフード「ダクトレスヒュームフード」や化学薬品の使用を一元管理する「薬品管理システム」等、細胞生物研究の現場を支える安全対策ソリューションを提案いたします。

 

 

皆様のご来場をこころよりお待ちしております。

 

[開催日程]

  • 日時:2017年6月13日(火)~15日(木)

09:00~17:30(最終日のみ15:30終了)

  • 場所:仙台国際センター(宮城県仙台市)

2017.03.27

「第64回 日本実験動物学会総会」出展のお知らせ

弊社では、2017年5月25日(水)~27日(土)の3日間にわたりビックパレットふくしま(福島県郡山市)にて開催される「第64回 日本実験動物学会総会」にて機器展示を行います。

 

今回の展示では、「オリエンタル技研工業の提案する実験動物飼育装置・施設 トータルソリューション」をテーマに、各種実験動物飼育装置の実機展示並びに、実験動物飼育施設のスマート化、新築・改修工事のワンストップソリューション等、実験動物の現場を支えるトータルソリューションを提案いたします。

 

 

皆様のご来場をこころよりお待ちしております。

 

[開催日程]

  • 日時:2017年5月25日(水)~27日(土)

09:00~17:00(最終日のみ15:30終了)

  • 場所:ビックパレットふくしま(福島県郡山市)

2017.03.8

“インターフェックスジャパン”出展のお知らせ

弊社では、2017年6月28日(水)~30日(金)に東京ビックサイトにて開催される医薬品・化粧品・洗剤に関わる研究開発・製造技術の国際展示会であります第30回 インターフェックスジャパン に出展いたします。

今回の出展では、労働安全衛生法の改正により義務化された「リスクアセスメント」への対策を強力にサポートする設備やシステムに加え、2015年・2016年にGOOD DESIGN AWARD(グッドデザイン賞)を受賞しましたNOCEシリーズ・RACINEシリーズの実験台並びにヒュームフード(ドラフトチャンバー)を様々なデモンストレーションを交えながらの展示を予定しております。

いずれの製品も研究環境に於おけるリスクアセスメント対策として有用で、これまでにないデザイン製と機能性を兼ね備えた最新のソリューションです。

オリエンタル技研工業が提案する新たなソリューションをご期待ください。

また、期間中にはリスクアセスメントや研究施設の設計・建築の専門家を講師にお招きし、特別技術セミナーの開催も予定しております。

 

皆さまの来場を心よりお待ちしております。

尚、ブース番号等の出展詳細などにつきましては、順次更新させて頂きます。

 

【開催日程】

■日 時:6月28日(水)〜30日(金) 10:00〜18:00(最終日のみ17:00)

■場 所:東京ビッグサイト(国際展示場)

■入場料:招待券持参者無料

※招待状をご希望の方は、下記宛先までお問い合わせください:

info@orientalgiken.co.jp

2017.02.20

新総合カタログ「CO39」発刊のお知らせ

この度、オリエンタル技研工業株式会社では、新総合カタログ「CO39」を発刊いたしました。

 

■「研究者の創造性を高めるラボづくり」をテーマに、

デザインに特化した当社の取り組みを紹介

■ 2016年GOOD DESIGN 賞を受賞した「RACINEシリーズ」

をはじめとした新製品の追加をはじめ、製品ライナップを

大幅にモデルチェンジ

■ リスクアセスメント義務化等、最新の法令に対応した

各種製品・サービスを多数掲載

 

最適な研究環境づくりのための様々なソリューションを掲載しておりますので、ぜひご一読いただけますと幸いです。

新総合カタログ「CO39」をご希望の方は、お問い合わせフォーム、又は弊社営業担当までお気軽にお問い合わせください。

 

電子版 新総合カタログ「CO39」を見る

2017.01.19

JIDAデザインミュージアムセレクション 受賞のお知らせ

JIDA(公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会)主催 「JIDA デザインミュージアムセレクション vol.18」にて、弊社RACINEシリーズ実験台がセレクション賞を受賞したことをお知らせいたします。

RACINEシリーズ実験台は、2016年度GOOD DESIGN AWARD受賞に引き続き、2つ目のデザイン賞受賞となりました。

 

 

JIDA デザインミュージアムセレクションの詳細についてはこちら

2016.12.14

プロダクションセンター開所のお知らせ

兼ねてより当社の製品製造拠点としての役割を担っていた筑波第二工場が2016年12月14日に従来の約2.5倍、敷地面積13,500m2、建物面積3,900m2の広さを有すプロダクションセンターとして新たにスタートしました。

本施設では、安全で信頼性の高い研究設備を提供する体制を更に強化するため、抗がん剤などの高活性物質の開発・製造に不可欠な封じ込め装置の性能を国際的な安全性基準で評価するためのクリーンテストルームや、ヒュームフードをはじめとする局所排気装置の性能評価を行うテストルームを設置しております。

また、技術研究所にて開発された製品をもとに、2016年度グッドデザイン賞を受賞したRACINEシリーズをはじめとする最新の実験設備や医薬品の製造施設、環境コントロール設備の製造を行います。

 

 

 

[所在地・連絡先]

〒300-4204
茨城県つくば市作谷3453-5
TEL.029-850-9330(代) FAX.029-850-9331

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

2016.11.10

技術研究所開所のお知らせ

 

この度弊社オリエンタル技研工業株式会社では、これまで培った技術を更に発展させ、お客様の課題を解決する新たなソリューションを提供することを目的に、技術研究所を開所いたしました。

本研究所では、化学・生物学・工学等の様々な分野の専門家を集結し、分野横断的に課題に取り組むことで、科学的思考・検証を重視した製品開発並びに研究環境の安全性向上のための技術を開発して参ります。

 

主な業務内容

 

[ 分析室 ]

労働安全衛生法に基づく作業環境測定、抗生物質・抗がん剤等取扱設備の封じ込め性能評価を中心に、様々な作業環境のサンプリング、分析、評価を行います。更には、専門スタッフが評価結果をもとに、作業環境の改善・設備の改良のためのコンサルティングを行います。また、各分析評価方法の高精度化や新たな測定手法の開発に取り組みます。

 

[動物室]

「実験動物の飼育環境は研究結果に直結する重要な因子であるため、実稼動を想定した製品及び動物の飼育環境を検証・評価することは、適正な研究結果を得る為に非常に重要である。」と我々は考えます。

このような課題解決のため、動物室では 飼育装置の開発・検証、動物施設のスマート化を中心に、作業効率の向上と動物愛護に則した製品の開発に取り組みます。

 

[テストルーム]

ヒュームフードをはじめとする各種排気装置のEN(欧州)規格並びに米国規格に準拠した性能検証システムを完備。これらのシステムを活用し、各種新製品や、お客様の使用状況を想定した実践的な検証を行うことで、より安全な製品の開発に取り組みます。

本研究所での研究成果を学会発表、論文投稿、特許出願等を通じて情報発信していくと共に、外部研究機関との共同研究も積極的に行い、技術情報の拠点となることを目指します。

 

[所在地・連絡先]

〒300-2646
茨城県つくば市緑ヶ原4-19-1(テクノパーク豊里工業団地)
TEL.029-848-3001(代) FAX.029-848-3033

 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。