商品情報

ハイブリッドアイソレーターシリーズ  ケミカルハザード対策

EHA

国際基準に準拠した性能検証にて
性能評価を確認
HPAPI(高薬理活性物質)の暴露から作業者を保護します

■ 封じ込め性能はOEB5(75ng/m3以下)を確認

ISPE(国際製薬技術協会)の基準に準拠し、第三者機関が性能評価試験を実施しています。性能評価試験は世界基準を採用することで、確かな封じ込め性能が実現されています。

なお、サロゲートパウダーテストにおいても、OEB5以上の性能であることが確認されています。

 

■取り外し可能なグローブシールド

グローブシールドが取り外せることで、グローブでは清掃が困難な箇所もストレスなく清掃できます。

また、グローブシールドを必要としない作業時には、グローブシールドを取り外し、よりスムーズに作業を行うことができます。

もちろん、グローブシールドを設置した際の封じ込め性能は、確保されています。

 

■封じ込め性能と低風速・低振動を両立

確かな封じ込め性能を確保しつつ、可能な限り風速と振動抑えることに成功しました。

これにより、最適な秤量環境の提供が実現しました。

 

 

 


  • EHA603027ABD

  • グローブシールド取り付け作業時

封じ込め性能試験(サロゲートパウダーテスト)とは

サロゲートパウダーテストとは、封じ込め設備の推奨性能評価方法「製薬機器の粒子封じ込め性能評価(SMEPAC)」のことで、ケミカルハザード対策設備の性能を評価する試験の一種です。

 

本テストでは、HPAPI(高薬理活性物質)などの代わりにサロゲートパウダー(代替粉体)を用いて現場で実施される実際の粉体取り扱い作業を行い、作業者や装置・作業場壁面などに付着した粉体の量を分析し、どの程度粉体が漏洩しているかを調べ、封じ込め設備の性能を評価します。

 

封じ込め性能試験(サロゲートパウダーテスト)の詳細をチェックする


  • 封じ込め性能試験(サロゲートパウダーテスト)の様子